僕が統合失調症になった頃

この記事は約1分で読めます。

僕が統合失調症になったのは、16歳の春ごろ。

とにかく気持ちが沈んで、何日も眠ることが出来ない状態だった。

生きているのもしんどくて、でも自殺するのは怖くて、どうしたらいいのか、誰にも相談出来ずに困っていた。

一時的なものだろうとたかをくくっていたが、もっと悪化して、悪口を誰かに言われているとか(幻聴)、誰かに追われているという(妄想)が出てきて非常につらくなっていった。

気持ち悪いものが見える時もあった(幻覚)

ただその現象が起きているさなかは、おかしいと思うことなく、本当に起きているのだと思っていた。

次回に続く

コメント

タイトルとURLをコピーしました