この記事では、ネットでよく見る恋愛、セックスなどのテクや考え方に対する僕の意見を書いていこうと思う。

セックス

テクニック

誤解

男向けアダルトビデオや動画などで、ものすごく激しく女の人を扱う場面を見る。

例えばおっぱいを激しく揉みしだく場面。

あれは男目線で刺激のある、見たい気持ちにさせて興奮させる創作物の中の世界だ。

それをされた女性が「痛い」っていう感想を持っていらっしゃるらしい。

僕は好きな女性とする時は、痛い事はせず、優しく、いやらしく触る(笑)

ともかく相手のコトも思ってするのが大事なようだ。

嫌がることはしない。

なんか潮を吹く場面がよく描かれているけど、潮を吹いたからって、感じているわけじゃないらしい。

あと濡れたら感じているというのも誤解なようだ。

言ってみれば潮吹くとか濡れるとかは汗と同じと思っていいそうだ

相手に気持ちよくなってもらいたい

僕は自分より相手に気持ちよくなってもらいたい。

自分さえよければいいのなら、パソコンで動画見ながら、自分で「シタ」方がいいと思う。

不安になってるのが、彼女とそうなった時、アダルトビデオで見る女の人ほどではないけど、ソフトに声を上げたこと。

本当に気持ちよくて声を出しているのかと不安になる。

気を使われているのではと心配になってしまう。

でも彼女の言葉を聞く限りでは気持ちよくなってもらえているようなので、バリエーション豊富に、特殊プレイ(SM、スカトロ)みたいなのはしないけど、コスプレとかしてみたいと変態願望を持っている(笑)

真意が分からない

なんかアダルト動画の広告で「女性(実際は女と書かれていたような気がした)をイカセようと考えるのはダメ」と書かれていた。

自分はとっても疑問に思った。

相手とコミュニケーションをとりつつ(ココはどう?、気持ちいい?など言って←決して責めることなく)やっていくといいなと思う。

男は絶頂に達すると萎えるらしいので、Hした後もゆっくり彼女とゴロゴロしていたいと思う。

この項の冒頭のダメな事だからどうしろみたいなことを書かれているようだったのだけど、見る気しなかった

恋愛

マニュアルに対する考え方

それが全てではない

PDF形式で「大ボリューム150ページ」「絶対モテる」とかネットで売っているマニュアルがある。

なんか学校の教科書のように自分は「このマニュアルを頭に叩き込めば、うまくいく」みたいに思っていた。

でも実際学校の教科書でも、間違っていること、そしてその筆者、出版社などの意向がくまれていて、参考程度にしかならない。

「実行する人だけが読んでください」と書かれているけど、実行できる人ならとっくにやってるよって思うし、何より値が張るので、そういったマニュアルは購入する事はおすすめしない。

絶対とか、必勝とかそういう方法はないだろうし、縁の問題だと思う。

僕は一生恋愛なんてしないだろうって思ってたけど、今はしてる。

彼女がいたら幸せだろうと思っていたけど、できた後、さらに上を目指していきたいと思う事が多くなった

行動できないのはあなたのせいじゃない

自分も一歩踏み出すのにかなり躊躇した。

行動できないことに対し自己嫌悪に落ち、ネットの出会い系にはまったり、街コンに行こうとかしたりして、今考えたらすごくお金無駄にしたんだと思ってた。

でもその経験があったから、とことん悩み通したから今があるのだと思う。

Yahoo!知恵袋で「LINEで告白ってありですか?」と質問したら「ナシです」とすぐ返答があった。

なんかその解答した人に誠意を感じられず、まぁ僕の欲しかった答えじゃなかったのもあるけど、でも「がんばって!」という声もあり、背中を押されてがんばってみた。

他にもココナラというサイトで「好きな人がいて、仲良くなりたい」みたいな事をいったら、占い師から何から何まで提案が集まった。

その中でも気になった人が1000円でかなり長期に渡り、アドバイスしてくださった人がいて、すごく助かった。

環境が整ったら自然と恋愛もできるのだと感じた

マニュアルとかじゃなかったら何が自分にできるのだろう(まとめ)

セックスでも恋愛でも、相手とのコミュニケーションがベースとなって産まれるものと僕は思う。

悩み通して、好きな相手の事を知る、それがはじめの一歩。

失敗した、ひどく傷つく経験は悲しいけど縁が無かったと思いあっさり引き上げるのがいいと思う。

自分の事を傷つける人は付き合ったっていい事ない。

マッチする人は必ず見つかるはず

いつか 最高の自分に

生まれ変われる日が来るよ

もっと まっすぐな気持ちに

出会えると信じてる

Best Of My friend

Every Little Thing "Dear My Friend"

僕も生まれ変わったってほどじゃないけど、そんな気がした。

かなり生意気いってすいませんでした

Twitterでフォローしてね

おすすめの記事